抜け毛や薄毛対策

女性の1408万人が薄毛に悩んでる!?日本人男女の薄毛に悩む人の割合

投稿日:

男女の薄毛 割合
最近抜け毛が増えた、どんどん薄毛が進行している……そうなったときに気になるのは、自分以外の人たちはどうなのかということ。日本ではいったいどれくらいの人が薄毛に悩んでいるのでしょうか。

当記事では、日本人男性、女性で薄毛に悩む人の割合をご紹介したいと思います。

禿げている人は自分以外にもたくさんいるのか、いないのか。ぜひチェックしてみてくださいね。

薄毛に悩む男性の割合はどれくらい?

薄毛に悩む男性の割合
かの有名なリーブ21は、数年おきに薄毛に悩む人の割合を調査しています。今回はその調査結果をご紹介する形で、薄毛に悩む人の割合を見ていきたいと思います。

まずは男性の割合です。男性2,400人に対し、薄毛の進行度を5段階に分けてアンケートを取りました。

男性の薄毛進行度

①ひどく進んでいる
②進んでいる
③やや進んでいる
④あまり進んでいない
⑤全く進んでいない

そうした結果、薄毛が「進んでいる(①~③)」と答えた人の割合は、約40%でした。男性5人に2人が薄毛に悩んでいるという計算ですね。

年齢が上がれば上がるほど、薄毛が進んでいると答える人の割合は多くなり、50代になると50%を超えます。

以下に年代別の割合を見ていきましょう。

脱毛、薄毛が進んでいると答えた人の割合

男性10代 10.5%
男性20代25.8%
男性30代 38.2%
男性40代 45.4%
男性50代 53.4%
男性60代以上 60.5%
男性平均 39.8%

※出典 株式会社毛髪クリニックリーブ21「頭髪に関する悩み度調査」

驚くべきことに、薄毛が「やや進んでいる」~「ひどく進んでいる」と答えた人の割合は、10代においても10%を超えるのです。

20代になると割合は倍以上に跳ね上がり、30代、40代と年代が上がるにつれ、薄毛に悩む人の割合が増えています。50代男性の約2人に1人が薄毛に悩んでいるわけですね。

脱毛を意識する瞬間

ではそれらの薄毛に悩む人たちは、どのような瞬間に「脱毛」を意識するのでしょうか。リーブ21の同調査では、以下のような結果となりました。

第1位 鏡を見たとき(67.4%)
第2位 シャンプーしたとき(50.9%)
第3位 ヘアブラシ(くし)を使ったとき(32.2%)
第4位 理・美容室に行ったとき(16.7%)
第6位 家族に指摘されたとき(15.7%)
第7位 まくらカバーの抜け毛を見たとき(15.0%)
以下省略
※複数回答可。順位は全年代総合。

年代ごとに微妙に結果が異なるようですが、やはり圧倒的に多いのは鏡の前に立ったときのようです。

鏡に映る自分の毛髪。髪の密度が薄く、頭皮が透けて見えてしまっている、あるいはもう完全に頭皮が露出して、光を反射しぴかぴかと光っている……鏡の前に立つたびに憂鬱になる方は多いのです。

ケアすれば髪は蘇る

薄毛や脱毛が進行してくると、どうして俺が……と暗い気持ちになってしまいますが、あなたと同じように薄毛に悩み、落ち込んでいる人はたくさんいるのです。そこまで思い詰める必要はないでしょう。

禿げなんて日本中どこにでもいる、何も恥ずかしいことじゃないと開き直ると、いくぶん気持ちも楽になるかと思います。

そのうえでひとつ申し上げれば、あなたの薄毛は育毛剤などを使えば改善する可能性のあるものです。

皮膚病などが原因による脱毛・薄毛でもない限り、髪の薄いのは育毛剤や薄毛治療薬でどうにかできます。頭皮に栄養とうるおいを与え、髪の毛を根元から元気にすることで、薄毛はだいぶ改善します。

完全に元通りというのは、ちょっと難しいかもしれません。しかし、他の人から見てまったく気にならない程度には改善可能です。

ケアを始めるのは早ければ早いほど良いので、ぜひ今から育毛剤などを使って頭皮のケアに取り組んでみてください。

人気の育毛剤ランキングはコチラ

薄毛に悩む女性の割合はどれくらい?

薄毛に悩む女性の割合
上に紹介したリーブ21の調査は、女性2,400人に対しても行われたものです。薄毛の進行具合の選択肢は男性の場合と同じく、以下の5つ。

女性の宇すぐ画進行度

①ひどく進んでいる
②進んでいる
③やや進んでいる
④あまり進んでいない
⑤全く進んでいない

女性は男性に比べて薄毛に悩んでいる人は少ないのではないかという気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか。

年代別の割合を見てみましょう。

脱毛、薄毛が進んでいると答えた人の割合

女性10代 7%
女性20代 12.6%
女性30代 20.2%
女性40代 24.2%
女性50代 30.6%
女性60代以上 44.0%
女性平均 22.5%

「進んでいる」と答えた人の割合はやはり男性よりも低いですね。しかし10代女性においても7%の方が、薄毛の進行に悩んでいるという恐ろしい結果となりました。

20代女性だと大体8人に1人、30代女性だと5人に1人が薄毛に悩んでいる計算となります。思っていたよりも意外と多かったですね。

男性より数は少ないものの、女性の中にも薄毛に悩む人はたくさんいるということです。

脱毛を意識する瞬間

では薄毛に悩む女性らは、どんなときに自身に脱毛を意識するのでしょうか。リーブ21の同調査結果を見てみましょう。

第1位 鏡を見たとき(44.3%)
第2位 シャンプーしたとき(25.3%)
第3位 ヘアブラシ(くし)を使ったとき(8.4%)
第4位 理・美容室に行ったとき(3.2%)
第6位 家族に指摘されたとき(4.1%)
第7位 まくらカバーの抜け毛を見たとき(2.8%)
以下省略
※複数回答可。順位は全年代総合。

なんと男性とまったく同じ結果となりました。鏡を見たときに脱毛を意識する人の割合が最も高く、次いでシャンプー、ヘアブラシ以下と続いていきます。

特に女性の場合は、化粧直しなどで鏡を見る機会も多いでしょうから、そのたびに薄毛が気になり、暗い気持ちになって……と精神的ダメージは蓄積されやすいと言えるかもしれません。

女性の薄毛も治る!

女性の薄毛 治し方
以上ご覧いただきましたように、20代女性の8人に1人、30代女性の5人に1人、女性全体で見ると22.5%もの人が薄毛に悩んでいるのです。

リーブ21の調査人数は2,400人ですが、この割合を日本人女性全体(約6400万人)に当てはめるなら、実に1408万人もの女性が薄毛に悩んでいるということになります。

日本国内だけで見ても、これほど多くの女性が毛髪に関する悩みを抱えているのです。女性の薄毛も決して珍しいことではなく、恥ずかしいことでもありません。

しかし、いつまでも綺麗でいたい、若々しくありたいと思う女性は多いでしょう。そんな皆さんには、育毛剤や薄毛治療薬による頭皮ケアをおすすめしたいと思います。

男性の薄毛もそうですが、女性の薄毛も充分に改善する余地のあるものです。頭皮の環境を整え、毛髪にエネルギーを注入すれば、見違えてくることは間違いありません。

髪の毛のボリュームをアップさせることで、より強い自信をもって色々なことに臨むことができるでしょう。色々な髪形をしておしゃれもできますし、髪色を変えたりする勇気も沸いてくると思います。

何より、鏡を見たときに薄毛が気にならない、頭皮が見えないというのが大きいですよね。化粧をするたびに憂鬱になることもなくなります。

男性と同様に、頭皮のケアを始めるのは早ければ早いほど良いです。

今はマイナチュレなど女性用育毛剤もありますし、女性専用の薄毛治療薬(パントガール)なんかもありますから、あなたの薄毛が改善する可能性は十分にあります。

今からでも遅くありません。頭皮をケアして髪の毛を応援しましょう。

日本人の薄毛の割合についてまとめ

日本人の薄毛の割合についてまとめ
以上、日本人の薄毛の割合についてご紹介いたしました。

男性の平均39.8%、女性の平均22.5%が薄毛に悩んでおり、思った以上に多いなと感じた方もたくさんいらっしゃることでしょう。

薄毛それ自体は珍しいものでもなんでもなく、恥ずかしいことでもありません。しかしもし、薄毛をどうにかしたいと思うのなら、改善の方法はいくらでもあります。

ぜひ皆さんも育毛剤や薄毛治療薬を使って、髪の毛の復活に取り組んでみてください。

おすすめ育毛剤ランキングTOP

  • この記事を書いた人

育毛トランプ

30代前半に髪の毛が衰退し始め、30代半ばには見るも無残な薄らハゲになった私が出会ったのが育毛剤! 今ではフサフサで女性にもモテまくり(ウソ)なのですが、本当に効果のある育毛剤を特別に紹介しちゃいますよ!

-抜け毛や薄毛対策

Copyright© 【安い!おすすめ育毛剤ランキング】効果あり?なし?育毛効果比較 , 2018 All Rights Reserved.