医薬品と医薬部外品の違い
みなさんは医薬品と医薬部外品の違いをご存知ですか?

ハゲを治療する、予防する、それにはこの二つの違いを知らないといけません。

でないと自分の思っていたのとは違う結果が出てしまう、もっと言うと大金をはたいてその品を手に入れたのに効果がない、実感できないということにもなりかねません。

「医薬品を使うのがいいのか、医薬部外品がいいのかわからない」
「薄毛を根本的に治療したい」

そのように考える方は多いでしょう。

医薬品と医薬部外品の違い、そしてそれぞれの効果や役割についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

医薬品と医薬部外品の違いをわかりやすく

医薬品と医薬部外品の違いについては、薬機法に記載されていますが、ちょっと内容が難しいのでここでは触れないことがします。この二つの違いをわかりやすく言うと、処方箋が必要か否かです。

医薬品は、医師の処方箋がないと購入することができません。

処方箋を貰って、調剤薬局に行く。そして品を受け取り、代金を支払う。このような手続きを踏まなければ手に入れることのできないのが「医薬品」です。

続いて医薬部外品ですが、これは処方箋なしでも購入することができます。

たとえばドラッグストアなどに置いてある薬がそうですね。なぜそれらは医薬品から除外されているのかというと、その薬の作用が緩和なものであるからです。

つまり医薬部外品は、医薬品よりも効果が薄いわけですね。

ハゲの特効薬はどっち?

ハゲの特効薬は、言うまでもないことですが医薬品=プロペシアなどの薄毛治療薬です。

育毛剤として販売されている商品のほとんどは、ハゲを根本から治すものではありません。頭皮の環境を良くすることで発毛、育毛を促すといったものであり、治療薬ほどの効果は期待できないのです。

したがって、ハゲを根本から治したい、効果の確かな治療法が良いという人は、専門のクリニックに行ってAGA治療薬を処方してもらうか、ミノキシジル入りの数少ない医薬品の育毛剤(リアップなど)を薬剤師に相談の上購入するかしましょう。

リアップはあくまでも医薬品でありますので、薬剤師不在のときに購入することはできません。

しかし最近ではネット上で薬剤師とやりとりが出来たりするので、ドラッグストア等に赴かなくとも購入することは可能です。

医薬部外品は、効果が確かでないため誰でも気軽に購入することができます。

プロペシアやミノキシジル入りの育毛剤とは違い、これらの商品の中には、まったく効果のないものもあるでしょう。

良質な育毛剤もありますが、それらはあくまでも、頭皮の環境を良くして発毛・育毛を促すといった、サプリメントのような働きをするとお考えください。

現状ハゲていない、将来ハゲるのを予防したいという方は、医薬部外品が良いでしょう。

プロペシアなどを使用する必要はありません。

【次ページ】おすすめの育毛剤&育毛シャンプー一覧

次のページへ >

更新日:

Copyright© 【安い!おすすめ育毛剤ランキング】効果あり?なし?育毛効果比較 , 2018 All Rights Reserved.